見積書の社内一元管理|リスティング広告を考えている|代行業者に任せれば一安心

リスティング広告を考えている|代行業者に任せれば一安心

女の人

見積書の社内一元管理

IT

営業に関わる業務を統合

公的機関や一般企業など法人との取引をビジネスの柱とするBtoB型企業にとって、営業活動は会社の業績を大きく左右する重要な柱となっています。BtoB型企業の多くは専任の営業担当社員を配し、取引先を定期巡回したり新規取引先を開拓したりして営業活動に力を入れているものです。相応の人件費をかけたハイレベルの営業活動を行うことにより、業績拡大と安定収益とを確保することができるのです。彼ら担当社員は営業のプロとして各人が独自の業務ノウハウを身につけている例が多く、近年ではITツールを有効に使いこなす社員も少なくありません。工夫を凝らして作成した見積書を武器に着々と営業成績を積み上げてきた担当社員にとっては、営業成績こそ自らの戦績だという自負が仕事の支えにもなっているものです。一方では営業に関する業務がIT化されるに従って、顧客に関わるさまざまな情報を社内で共有することも可能となってきました。業績を拡大しているBtoB型企業の多くは営業支援システムを導入し、IT技術の力で営業関連業務を統合しています。営業担当社員の日常業務が省力化されることで、1件でも2件でも多く得意先を回ることができるのです。

見積書の共有で経営改善

このような営業支援システムを有効活用するに当たっては、見積書を社内で共有するような仕組みを作ることも必要です。電子文書化された見積書を営業支援システムで一元管理することにより、案件管理の精度も大きく向上していきます。現在どの社員がどの得意先に対して商談を進めているかが一目瞭然となるばかりでなく、見積書の内容までが社内でいつでも確認できるようになるのです。万が一利益が出ないような見積りが作成された場合には、営業支援システムを通じて上司や経営層がチェックすることにより容易に修正できます。経営層の意向が見積書に反映されやすくなることで業績にもプラスに作用することから、営業支援システムの導入は経営改善にもつながるのです。見積書作成から商談進捗状況確認・案件管理に至るまでを統合した営業支援システムは、BtoB型企業が全社員一体となって営業活動を行う目的で開発されました。それまで営業担当社員だけに委ねられてきた営業成績を、情報の社内共有によって最大限に高めることが可能となったのです。自社の持つ人的パワーをIT技術によって増幅することに成功した企業は、ライバルとの競争でも優位に立っています。